2018年06月14日

愛情と尊敬

雨が降り,梅雨に入ったかと思えば次の日はいい天気だったり。
6月らしく暑くなったと思えば次の日は冷え込んだり。
不安定な天候に振り回され,風邪気味になってしまいました。
常に体調管理を怠ってはいけないなと自分を戒める今日この頃。
6月も半ばに差し掛かり、
次の日曜日、6月17日は父の日です。
母の日にはカーネーションを贈る風習がありますが、
父の日は何を贈るのが風習になっているかご存知ですか?
意外と知られていないようですが、父の日には黄色いバラを贈るのが日本の風習です。
家族への愛情、そして尊敬を表す黄色をイメージカラーとして、
父の日には一家の大黒柱である尊敬すべき父親に
黄色いバラを贈るようになったそうです。
黄色いバラといっても、種類は様々。
ハイジの村の世界のバラ展に出展している黄色いバラの中から
プレゼントにピッタリなバラを見つけました。
アメリカのバラ、ラディアント パフュームです。
「ラディアント」とは、輝きや光を発するという意味があり、
「パフューム」は香水という意味を表しています。
輝くような黄色の花びらと香水のようにフワッと香る柑橘系の香り。
こんな素晴らしいプレゼントを父に渡したら、
きっと泣いてしまうんだろうな。
体調を整え、万全な状態で
父への感謝の気持ちと共にこのバラをプレゼントしようと思います。
皆様も体調管理には充分お気をつけて。
有賀
2018年06月14日

2018.6.14

 

ピエール ドゥ ロンサール
カインダブルー
(バラのステージ)