2018年09月24日

ヒガンバナ

曼珠沙華。

この名前には馴染みが無く、最初は何の事なのかさっぱり分かりませんでした。

では別名、彼岸花。この名前を聞き、ようやっと分かりました。

一つの命に複数の呼び名があるお花です。

ハイジの村にはそんな彼岸花が咲き乱れる小道があります。

木々や土の茶色、葉が生い茂る緑の空間の中、思わず目に止まる

真っ赤な花。一瞬で脳に焼きつく印象。

彼岸花の花言葉でもある「情熱」はこの鮮明な赤色のイメージから

生まれたものだそうです。他にも

「思うのはあなた一人」「また会う日を楽しみに」

これもまた、彼岸花の花言葉。

人と人との出会いや別れを表したような言葉。

改めて人との関わりについて考えさせてくれた言葉。

 

どこか儚く切ないようなイメージだった彼岸花、

この静かな小道をゆっくり歩きながら

今までに卒業や転居などで別れを告げた人たちの事を想い

「また会う日を楽しみに」

なんだか今日は穏やかで優しい気持ちになりました。

 

あやめ