2014年01月29日

癒しスポット

今日は雲1つない澄んだ青空。
山々がいつもに増して美しいです。

s-DSC03401
富士山

s-DSC03404
八ヶ岳

何より自然が大好きな私は、
美しい景色に日々パワーをもらっています。
こころが洗われるというか、
嫌なことを忘れて、
明日も頑張ろう という気持ちにさせてくれます。

写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、
東西南北に広がる この景色は、
もう~なんとも絶景です。
何時間でも眺めていたい。

ぜひ、みなさまにも
実際に見て、感じていただきたいです。
日々の疲れが吹き飛びますよ。

あやか

2014年01月26日

ウェディングフェア

本日は、初めての参加カップル歓迎ウェディングフェアを開催。

私もそろそろ結婚を考える年齢、毎回行われるフェアがとっても気になります。

今日は、婚礼の料理を試食されるお客様が多いので少し料理の紹介をしたいと思います。

まずは、オードブルバリエ。

s-DSC03215

・小エビのマリネ
・若鶏のコンフィ
・タラバガニとスモークサーモンのハーモニーキャビア添え

見た目にも可愛いこちらの料理は女性に喜ばれますね。

そして気になるのがメインのお肉料理。

s-DSC03216

牛ヒレ肉のステーキわさび入りクリームのソース添え。

お肉に添えてあるクリームにはちょっぴりわさびが入っていて和と洋のコラボレーション、とってもさっぱりしていてお肉との相性もバッチリ。

(こちらの料理は本日、ブライダルフェア用に特別にお作りしたコース料理です。)

この他にも金額別や和洋中のコース料理もあります。
大切なお客様を招いての結婚式。料理選びにも力が入りますね。

私も早くブライダル相談をする日が来ないかなぁ。
ブライダル相談にいらっしゃるお客様がとっても羨ましいです。

よね

2014年01月25日

ちょっと苦手な豚肉も

今日からレストランボルケーノで新メニューが登場しました。

“甲州富士桜ポークのカルボナード”
s-カルボナード

“甲州富士桜ポークのコンフィー”
s-コンフィー

地元山梨県産のお肉を使った料理。
実は私、豚肉は脂が多くてちょっとだけ苦手なのですが、
せっかくなので新メニュー、食べてみました。

びっくりしたのが、コンフィー。
一見、あぶらっこいのかなと思いきや、全然そんなことないんです。
話を聞いてみるとこの富士桜ポーク、脂に旨味があるんだそう。
しかも、コンフィーは低温の油でじっくり焼き上げてあって、
余分な脂は落とし、旨味を閉じ込めてあるそうです。

なるほど、だからか。

普段じゃ躊躇してしまうであろう大きな豚肉も、
ぺろりと食べてしまいました。

マスタードも付いていて、
言うならば「洋風豚の角煮」です。

あやみ

2014年01月24日

いい天気

なんだか今日はいい天気。
晴れた日は外でお散歩するのもいいですね。

s-DSC03199

キッズガーデンに行ってみると
心地良い空気でワンちゃん達もぐっすり。
スヤスヤお昼寝している姿も癒されるなあー。

s-DSC03202

s-DSC03200

なんて、歩いていたら入園口の入口を
入ったらすぐ横で作業している人達が、、、

s-DSC03205

「何を作っているんですか」と聞いてみると
「ここにお花を植えて花壇を作るんだよー。」と聞いて
完成した姿が楽しみで春になるのが
とっても待ち遠しくなりました。

めぐ

2014年01月23日

すっきり。

なにがすっきりって、
こちらです。

s-DSC03168
s-DSC03170

バラの苗、すっきり剪定されました。

ちょっとさみしいようにもおもえますが、
これはとっても大事なこと。

バラが冬眠している今のうちに、
1000種5000本の園内中のバラを剪定。
グッと、枝をすっきりさせます。
冬だからって、当然休んでいるわけにはいかず、
冬は冬で忙しいというわけですね。

一緒にわたしも、
鉢のつるバラの剪定をすこし教えてもらったのですが、
これが・・・難しい。

s-DSC03178

「こう切ると、こうお花がつく、
こっちをこう切ると、こうお花がつく」
説明してもらう、その理屈はなんとか分かるのですが、
花が付く様子を想像しながら、
そしてつるをデザインしながら、が、難しく、
たくさんある枝を、
どれを残して、どれを切るか、の選別がまた難しい。
初心者には、ハサミを一度入れるのも勇気がいる作業。
ベテランさんは、さくさく迷いなくハサミを入れていくので、
おもわずどきまぎしてしまいます。
でも、みていてその潔さが気持ちいい。

この剪定が、春のバラの咲き具合を左右させる
重要なポイント、とは知っていたものの、
実際に体験してみると、
その重要性がよくわかる。ひしひしと。
いい勉強になりました。
もっと詳しくなりたいなあ。

こうしたおかげで、きっとことしもすてきなバラがひろがること、
まだすこし遠いですが、
薄目で想像しながら、満開のバラがたのしみです。

s-DSC03169
s-CIMG0147
s-CIMG0111

ひとみ