2013年06月07日

新しいお花が届きました

ハイジの村に新しいお花が来ました。

“優凪(ゆうなぎ)”

s-DSC00033

コチョウランです。

実はこのコチョウラン、山梨県が開発したコチョウランで、
“優凪”という名前も山梨県内の高校生が付けた名前だそうです。

淡い色と明るい色の組み合わせで優しい感じがして、
“優凪”という名前が、お花のイメージにぴったりですね。
しかも小ぶりのお花がかわいいと、スタッフの間でも好評です。

今年の父の日のプレゼント、何にしようか迷っていましたが、
この“優凪”も良いかもしれないです。
コチョウランは比較的育てやすいし、
机の上でも育てられるサイズなので、
父でも気軽に育てられるかも。

そして、今日のバラの様子。

s-DSC00035
s-DSC00045

とってもきれいに咲いています。
しかも、開花したバラが増えるに従い、
園内にもバラの香りが漂ってきました。
毎年この時期はバラの香りに癒されます。

あやみ

2013年06月06日

満開の笑顔

今朝はレストランに飾るバラを摘みに行ってきました。

9時を過ぎると女性の団体様で園内は大賑わい。
さすがバラの時期。

1370503261909

バラの回廊にてパチパチと満開になったバラを切っていると、その姿を見たお客様からは必ずと言っていいほど、「そのバラどうするの?欲しいわ。」「ちょっと見せて。」と奥様に囲まれます。

そして今日はカメラを持ったお客様に「お姉さん、モデルになってくれない?」と言われビックリしました。

私、少し調子にのりポージング。

何だか不思議な気分でしたが嬉しかったなぁ。

普段とは違うお客様との会話に終始笑顔がとまりませんでした。

ピエール・ド・ロンサールも満開。
お客様を笑顔でお出迎え。

1370484874251

1370484877691

よね

2013年06月05日

あの女優さん

s-DSCF5350

僕、毎日中庭の屋台でバラ苗のご案内中。
そんな僕から一言。
「バラ、増量中」
そう、バラの苗木の種類が増えたのである。
昨年の 2500鉢 → 4000鉢へ。

今から植え替えるのにちょうどよいつぼみ具合だなと思いながら
納品書のバラの名前を見ていると…
「大地真央」
ん?
何度見ても大地真央。
早速ググってみると、女優さんの名前がついた
剣弁でうすいピンクの大輪のバラでした。

華やかで明るく、大人っぽくて雅やかでゴージャスなイメージで作られたバラらしい。
ちなみに彼女の舞台生活30周年を記念してつけられた名前なんだとか。

バラには名前がたくさんあるけど、さすがに驚いた。

 ひさ

今日のバラの回廊はこんな感じ。

s-DSCF5349
s-DSCF5353

2013年06月04日

バラ日和

今日もお天気が良くて、園内を歩いているだけで少し汗をかいてしまいました。
バラの回廊に入るとバラの天井で日差しが弱くなり
程よい涼しさになりました。
中には回廊の端の方でお昼寝をしている方もいらっしゃいました。
地面には、ひらひらと落ちてきたバラの花びらがてんてんとしていて
ほんの少しリッチな気分になりました。
s-DSC00018

バラの回廊を歩いていて
先日見に行った時はまだ咲いていなかっためずらしい形のバラを発見しました。

s-DSC00019

このバラは「プリンセスミチコ」という名前です。
若干ハイビスカスみたいですね。

そしてもう1つ。
s-DSC00020

「チャールストン」というバラです。
いっぱい花びらが付いていて、なんだかゴージャス。
黄色と赤色のグラデーションになっている部分もきれいです。

あしざわ

2013年06月03日

日本一

園内を歩いていると「バラの回廊まではどうやって行くの?」と聞かれることが
多いので今日はブログでご案内します。

スタートは入園口(受付)

s-DSC00017

中庭を通り

s-DSC00014

夏にぴったりのミストを
浴びながら階段を下ります。

ロードトレイン乗り場が目の前にあり

s-DSC00015

左に進むとバラの回廊が目の前に広がり到着。

s-DSC00007

s-DSC00009

230m、日本一のバラの回廊を見てたくさんのお客様が
「キレイ」や「いいにおい。」など言ってくださることは
私も嬉しいです。

やっぱりお客様からの言葉は元気でるーーー。