2013年08月

8月も終わり・・・

今日は8月31日。
この土日で夏休みが終わってしまう
お子様も多いみたいです。

ハイジの村も今日が、
夏休み特別夜間イベントの最終日です。

s-DSCF5611


トラウトの池で開催されていた、
「ニジマスのつかみ取り」も今日が最終日。

s-DSCF5608

s-DSCF5609


今日ニジマスをゲットしたお客様です。
お見事。

今日はたくさんのお子様が、
ニコニコしながら夏休みの思い出を僕に
話してくれました。

それを聞きながら、僕も小学校の頃の
夏休みを思い出して、ほっこりしました。


ただ、夏休み終盤は宿題の思い出しかない・・・。


また、明日、9月1日から
スタンプラリーの場所が変わります。

どこにあるかは
来てからのお楽しみですよ。

ともや

明日で8月も終わりですね。
充実した夏を過ごせましたか。
私の今年の夏は「食欲の秋」ならぬ「食欲の夏」になってしまいました。

と、いうことで私の中の
「ハイジの村お気に入りメニューベスト3」

  ・レストランボルケーノの夏季限定メニュー
   (夏のごちそうプレート・トマトたっぷり夏野菜の冷製パスタ)
  ・お祭り屋台
  ・桔梗信玄ソフト

全て夏季限定メニューで、
明日で終了してしまうと思うと名残惜しいです。
でも、9月下旬にはパンプキン味のソフトクリームを販売します。
早く食べてみたいなあ。


ちなみに今の園内のお花の状況はこんなかんじです。
s-DSC01374


四季咲きのバラも少し咲いていました。
s-DSC01370



あしざわ

コーヒーノキ



バラの温室でとても興味深い植物を発見しました。


名前もそのまま
「コーヒーノキ」です。


s-DSC01361



コーヒーノキの目の前を通った時、思わず二度見してしまいました。
これから本当にコーヒー豆がとれるのだろう?どんな感じで豆がなるのだろう?と色々と疑問が浮かんだので調べてみることに。


コーヒーノキはアカネ科(双子葉植物)に属し、主にアフリカ大陸やマダガスカル島に野生種が分布しているそうです。

常緑と言って、1年中緑色の葉とのこと。
触った感触は、とてもしっかりしていて光沢があります。

s-DSC01362



発芽から3〜5年で白い花を咲かせ、その後50〜60年に渡りコーヒーチェリーと呼ばれる果実を付け、その果実の中に2粒の種子が向かい合わせに入っていて、それがよく見るコーヒー豆になるそうです。


なるほど。
てっきりコーヒー豆がそのままとれるのを想像していました。


さらに驚いたのは、野生のものは樹高が9〜12mにもなるんだとか。
バラの温室にあるような2m程のコーヒーノキは、観賞用でも使用されているみたいです。

家の玄関に置いたらちょうど良さそう。




コーヒーノキやコーヒー豆ついて少し知識を得たのでなんだか少し物知りになった気がしました。

植物って面白いなぁ。





ゆか

カボチャの成長


園内には、ハロウィンのディスプレイや、
ジャック・オ・ランタン作りで使用する
カボチャを栽培しています。

場所は、アルプスフェスティバルと
お妃様のバラ園の間です。

現在のカボチャの様子はというと、
s-DSC01354

キレイな黄色の花が咲いていました。

私は、去年のカボチャに度肝を抜かれました。

今年はどのくらいの大きさになるのかな?
カボチャたちの成長を
温かく見守っていきたいと思います。

ようこ

はじめての

先日、園内で小さなお子さんに話しかけていたお母さん。

「わ―、初めてのバスだね。やったね。」

まだ小さな男の子にとって初めて乗るバス。

それが

s-DSC01350


ハイジの村と農場バイキングレストランアルムおんじの台所をつなぐ
シャトルバスでした。

私たちが普段何気なく見ているバスも
その男の子にとっては人生で初めてのバス。

小さなお子さんもたくさんお越し下さるここハイジの村では、
実はたくさんの“人生初”が起こっているんじゃないか、
と少しほっこりした気持ちになりました。


あやみ
記事検索
リンク

桔梗屋ハイジの村

ハイジの野菜畑マリエ・フローラル

森の中の水族館フルーツ王国

水琴茶堂ドルチェヴィータ!

グルメマルシェ黒蜜庵

ポモドーロイタリアントマトクラブ

権六HEIDI'SGARDEN