2020年04月01日

2020.4.1

入園口 ビオラ
ペーターのヤギ小屋 桜
  
パノラマ花壇 ビオラ
かえ
2020年03月31日

明日から

明日から新年度が始まり、私も社会人4年目を迎えます。

先日、新入社員が研修という形でハイジの村クララ館に来館されました。

色々と紹介をしていく中で、能出副支配人から「お客様を楽しませる」

「知識を持ってしっかりとした説明が出来るように」など短時間ではありましたが、とても大切な事を新入社員に話をしていました。

私もお話を聞きながら、3年前の新入社員の頃は接客業に携わる者として言葉遣い・態度・電話対応の仕方など大切な事を沢山教えて頂き、

とても濃くあっという間の3年間だったなと改めて感じました。

また、お客様からの「ありがとう」「とても良かったです」という何気ない一言が凄く嬉しく、

仕事の楽しさを感じながら日々成長が出来たのではないかと思います。

 

これからも、自分自身の成長はもちろんですが、後輩がレベルアップが出来るようしっかりとした環境を整え、

教育をしていきたいです。

 

ハイジの村クララ館 小池大輔

 

2020年03月30日

春の鯛は桜鯛

または花見鯛とも申しまして、この時期の鯛は特に脂がのって美しい体色になるのでこう呼ばれるそうです。

それに合わせまして、宿泊プランのフルコースの魚料理にもこの鯛を使い仕込みをしてきました。

今日の仕込みは魚料理に合わせるソース作りです。

今回使うヴァンブランソースとはフランス料理の魚料理では定番のソースです。

ヴァンはワイン、ブランは白いという意味のとおり、白ワインをベースに使ったソースです。

白ワインと香味野菜、ここではエシャロットとマッシュルームを使って極弱火で煮詰めていきます。

この工程をミスすると途中でエグ味が出てしまうので注意が必要です。

この後、桜鯛からとった出汁を加えて更に煮詰めていきます。

今日の仕込みではここまでですが、仕上げの工程で春らしさを出す為に、和菓子に使う桜の花の塩漬けをソースに入れ、香りを移して仕上げる予定です。

園内でも段々と花が咲いてきていて春を感じられますが、料理人の私達はこうやって食材でも春を感じられるは他の人達より得をしているのかもしれません。

2020年03月29日

純白の。

本日、雨の降る音で目を覚ました私。
出勤する車の中で段々と雨が雪に
変わっていき、ハイジの村、
クララ館に着いた頃には、

車に積もる程の雪を目にしました。

外を歩くと、

足元が何度かふらふらしましたが、
それでもこの景色を見ると
嬉しい感情で、いっぱいになり、
全てを忘れて心が洗われるようです。

(クララ館内より)

また、只今ハイジの村では、
桜と雪を同時にご覧頂けます。

(ハイジの村園内より)
クララ館で、雪に染まった
冬景色を見るのもよし、
ハイジの村で、冬から春への
移り変わりを見るのもよし。
今は休園期間中なので、
現在の様子はこちらの
ブログを通して見て頂き、
営業が再開しましたら、
皆様それぞれのその目で、
お楽しみ頂ければ幸いです。
これからも、
今ならではの楽しみ方を、
沢山発信していきます。
望月
2020年03月28日

日本特有

突然ですがみなさんは花粉症ですか。
日本人に特に多いと言われている花粉症。
天気予報の際に花粉情報を放送していることに
驚いている外国人の方が多くいるほど。
お花が多いハイジの村ですがここだけの話、
ハイジの村スタッフの多くは花粉症です。
しかし、「今日は花粉強いよね」と話しているスタッフも
園内に咲いている花を見て癒されている様子。
花粉症ということを忘れさせるくらい
人々を癒してくれる花たちの力に偉大さを感じます。
お花見という文化があるくらいですからね。
園内に入る前の駐車場からでも 「お花が綺麗」と言っていただけるように
季節によって植え替えをしているスタッフたち。
次は何を植えているのかな、いつ咲くのかなと楽しみです。
駐車場も四季を感じることができる1つの場所だなと感じます。
季節によってチューリップやジャーマンアイリス、バラなど
入園する前からお花たちがお出迎え。
駐車場に咲いている花の名前を聞かれることも多いので
園内だけでなく、花の名前を答えられるよう臨時休園中勉強しようと思います。
那波