2019年11月19日

色づく心

秋の哀愁はどこから
来るのでしょうか。太陽の日を浴びつつも
冷ややかな、相反する風を
受けると、心も
揺れるのでしょうか。

そんなことをふと考えて、
クララ館内を歩いていますと
外に目が奪われました。

(クララ館宿泊棟通路より)

鮮やかな秋とガラスの反射が
相まって、きらきらと
輝いて見えます。

また、クララ館側から
ハイジの村を写真で撮ると
秋の歩みも感じられます。

ですが、少しのぼってハイジの村
園内まで来ると、入園口や
園内一部で冬を感じる装いです。

この変化がちょっぴり不思議で
なんとも心地よいのです。

季節の変化の感じ方。

日々のせわしなさより
季節は過ぎ行くものと
思いがちですが、
自ら歩み、季節を跨げるのは

「少しの寒暖差と、
心の愉しさがなせるもの」

望月
2019年11月19日

2019.11.19

ポインセチア ジングルベル バラの温室

アンスリウム バラの温室

2019年11月18日

新しい発見

ここ最近、料理の仕込みの際に使う水の冷たさに冬を感じるようになりました
旬の食材は沢山ありますが、ここ北杜市の特産品の浅尾大根も旬を迎えました。
料理の出来栄え、味などもグンと良くなるので料理人としては嬉しい限りです。

今日も多くの団体バスツアーのお客様達がご来村頂き、中でもご好評いただくのはラクレットチーズの実演で、お客様にお好きなビュッフェの具材をお取り頂き、
ラクレットチーズのコーナーに持ってきていただきその場でチーズをかけさせていただく実演サービスを行なっております。
大きなチーズを見て驚くお客様のお顔を見ると、こちらも楽しくなってしまいます。

たまにこちらも驚くようなオーダーをいただくこともありまして、この間などはほうとうにラクレットをかけてというオーダーがありました。
初めての組み合わせで興味深かったので後で味見をしましたら、とても美味しくて驚きました。

鮭のチャンチャン焼きみたいに味噌と乳製品の組み合わせがあるように、ほうとうの味噌とラクレットチーズも合うのかもしれません。

料理は奥深いものと改めて勉強になりました。

ハイジの村 大沼

2019年11月18日

2019.11/18開花状況

バラのステージ オリーブ
バラの温室前 ルデュテ

 

 

 

ハイジの村 大沼

2019年11月17日

2019.11.17

リナリア 中庭

ナデシコ ロードトレイン乗り場