2019年11月07日

リース(永遠)

11月に入り、やっと秋らしくなった

と思ったら11月8日は、立冬です。
初めて「冬の気配」が現れてくる日。
人も植物も冬支度を始める頃。植物の冬支度と聞いて思いあたるのは、
秋の紅葉ではないでしょうか。
紅葉しなくても葉が枯れる植物は、
たくさんありますが。
この紅葉は、動物の冬眠にあたるようです。
春まで葉を落とし
植物は眠りにつきます。

まだ、紅葉の見頃を迎えてないのですが、
「これから寒くなるよ」
という意味のようです。

冬支度のひとつと言えば、
冬の大きなイベント
クリスマスの準備が
一番わくわくしますね。

今年はリースを手作りして
特別な花飾りをしませか。

スイスの花屋さんで、
クリスマスリース手作り体験が
始まりました。
2種類の中から
お好みで選んで頂けます。

体験料 2000円(税込)
開催日時 12月25日(水)まで毎日

10時~15時

ドライフラワーの
クリスマスカラーのリースで、
ポイントにカラマツや松ぼっくりの木の実や

可愛いらしいバラの実、魔除けになるとも
言われているトウガラシなどをたくさん使ってます。
自然素材だけで作るリースは、
セピア色になっていくのも素敵なので

長く飾って頂けます。

リースは、丸い形が「永遠」を意味します。
大切な人へ 永遠に続く愛、平和への願いを込めて

作り、プレゼントするのも素敵(いい)ですね。
まき
2019年11月06日

秋の園内

本日は清々しいほど青空が広がっています。

まさに秋晴れ、行楽日和の天気。

落ち葉をザクザク踏みならしながら、

紅葉しはじめた園内を歩いて秋を実感。

園内のパノラマ花壇には、ビオラがずらり。

中庭には、サンパチェンスがきれいに咲いています。

春から秋まで楽しめるお花。

白やピンク、赤の花で愛らしく、

見ているだけで元気がもらえる花だな、と思いました。

このサンパチェンス、暑さにとても強く

「サン(sun)=太陽」「ペイシェンス(patience)=忍耐」が名前の由来だそう。

サンパチェンスはインパチェンスから新しく開発された種で、

インパチェンスは「inpatient=我慢できない」からきているそうです。

タネが熟していきおいよくはじけ飛ぶようすからそう呼ばれたそうで、

それを知るとサンパチェンスという名前はわかりやすいなと思いました。

 

名前の由来を知るとその花についていろいろ分かるので面白いな。

また他の花も調べてみようと思いました。

 

かえ

2019年11月05日

得した気分

今日は爽やかな秋晴れ。透き通った青空が広がっています。

写真だと少し遠いですが、クララ館からもくっきりと富士山が顔を出していました。

昨日のディナーで、お客様と富士山の話をしました。

お天気が良いとくっきり見えますよとお伝えすると、明日はなんとしても

富士山を見たいとのこと。富士山が見れますようにと一緒にお祈りをしました。

今日出勤して真っ先に富士山が見える場所へ。くっきりと富士山が見えたので

きっとお客様も見れたのかなと朝からほっこりしました。

 

ハイジの村でも少しずつ紅葉が始まっています。

私は秋の爽やかな空気が一番好きなので、毎年紅葉を楽しみにしています。

そんな中、パノラマ花壇に一際目立つ一輪の黄色いお花を見つけました。

近くに寄ってみると夏に咲いていたスマイルラッシュという小さな向日葵でした。

向日葵といえば夏。秋のコスモスと夏の向日葵のコラボレーションが

見れると思っていなかったので、とても得した気分になりました。

毎日何気なく見ている景色でも発見があると嬉しくなります。

 

 

かな

 

2019年11月04日

一安心

昨日、第34回浅尾ダイコンまつりが開催され、今年も多くのお客様で大賑わいでした。

大根祭りは、参加者が約1万人ととても多くのお客様がいらっしゃいます。

 

私達ハイジの村スタッフも屋台を出すのですが、私たちの大根もちを楽しみにお越しの

お客様もいらっしゃるので、責任重大です。

当日の屋台運営だけでなく、必要な食材の発注など、事前準備から携わる事ができ、

とても貴重な経験をする事が出来ました。

過去の大根祭りの資料を読んで何を発注したか、売り上げのデータを見てどの商品がどれぐらい売れたかなど、頭の中は常にフル回転。

当日朝は天気が良く、後半に天気が崩れてくるという情報も知る事ができたので、早めに準備を進めようと朝から大忙しでした。

 

大根餅の仕込みもスタッフの協力を得て、前日までに良い準備が出来たので、当日も無事に終わり今は少しほっとしています。

食べた後に美味しかったのでレシピを教えてほしいという方もいらっしゃり、毎年好評をいただいてることを実感しました。

ふっくらとした食感を崩す事が無いよう、ずっとその事ばかりを考えて焼いていたので、

お客様に美味しかったという声をたくさんいただく事ができてとても嬉しかったです。

ただ、来年に向けての改善点や新しい意見なども見つかったので、忘れないようしっかりと記録し、来年はより盛り上がる屋台を作りたいです。

 ハイジの村クララ館  小池

 

2019年11月03日

第2回カラオケ大会inハイジの村

本日はいつもの出勤時間にハイジの村近くまでくると、

ハイジの村道路向かいで開催される「浅尾だいこん祭り」のお客様で道路は既に渋滞していました。

夏のひまわり祭りと並んで大人気のこのお祭りも今年で34回目。
40軒以上の屋台が集まり、毎年恒例の大根掘り詰め放題などが行われ、
小さいお子様からご年配の方まで、たくさんのお客様で大盛況でした。
だいこん祭りと伴い、ハイジの村光のチャペルでは「第2回カラオケ大会inハイジの村」を行いました。
朝の受付開始時間にはカラオケ大会を見に来てくださるお客様の列ができていました。
中には出場者の方もいて「緊張するけど頑張ります」とお声掛けいただき参加される皆様の熱意を感じました。
会場に設置された席は開始早々応援する方々や観客の皆様でいっぱいになり
51名の参加者に自慢の歌声を披露していただきました。
控室では念入りに声の調整をする方など、歌う本番まで念入りに練習をする皆様。
歌いきった際にはとても笑顔でステージを降りてく姿を見て、緊張もあったと思いますが
なにより楽しんでいただけたということに私も満足です。
賞というものも大事ですが、何より参加者、応援、観客の皆様に楽しんでいただき
また来年も素晴らしいカラオケ大会を迎えることが出来ればなと思います。
来年のカラオケ大会も沢山のお客様の参加をお待ちしております。
ハイジの村 雨宮