2019年07月15日

まんまる

今日も残念ながら、青空は見えません。
ですが、最近湿度が高いおかげで、肌が潤っている気がします。
ありがたい。
もちろん私だけじゃなくて、お花たちも潤っています。
今見頃のあじさいに雨粒がついていて、とても綺麗だったのでシャッターを切りました。
自分で言うのもなんですが、いい写真だと思います。
あじさいの小路の先には、ユキちゃん家とウサギ小屋があります。
(カメラ目線、頂きました。)
ユキは制服を見て分かるのか、「どうせ写真だけ撮りに来て、エサはくれないんだろう。」
というような目でこちらを見ていました。
ごめんよ。次こそ100円玉もってくるからね。
ウサギ小屋を覗くと、子ウサギがいました。
聞くところによると、生後3週間だとか。
まんまるでフワフワでとてもかわいかったです。
ユキちゃん達に会いに行くには、この看板が目印。
皆さんも一緒に、この子達の成長を見守っていきましょう。
中込陽子
2019年07月15日

2019.7.15

あじさい(あじさいの小路)

ジニア(パノラマ花壇)

マリーゴールド(パノラマ花壇)

2019年07月14日

ふじさんアジサイ

最近は雨の日が多いですが、めぐみの雨という事で、ハイジの村のお花達は活き活きとしているように見え、

ラベンダーやマリーゴールド、そして様々な色の紫陽花が咲いています。

 

ハイジの村園内にある紫陽花の中で、とても珍しい品種の紫陽花があります。

その名も「ふじさんアジサイ」です。

 

 

ふじさんアジサイはピラミッドアジサイという原種を、新たに山梨県がオリジナル品種として開発したお花で、

山梨県の花き振興センターの方とハイジの村植栽スタッフが協力して、ハイジの村園内の一角に、

「あかね」「ほくと」「ライムライト」という3種類の苗木を200株植栽しました。

 

他の紫陽花と異なり、花穂が三角すい状で富士山に似ている個性的なあじさいとして、

山梨県が産地化を目指しているお花と聞きました。

 

また、通常ですと、花と花の間隔をあけて植えるそうですが、今回はあえて密集させた状態で植えてあり、

どのくらいで咲き始めるのか、色が変わるのかなどの生育状況を、

県の技術担当の方が定期的にデータをとって、今後の開発の参考にするそうです。

 

珍しいだけでなく、山梨県の研究品種として重要な意味を持つお花が自分の働く職場にあるということで、

これからどのように生育していくのか、実際にこの目で見られることが楽しみです。

 

秋山

 

2019年07月14日

2019.07.14

サンパチェンス:クララ館ペーターの庭

マリーゴールド:パノラマ花壇

 

 

2019年07月13日

サンパチェンス植え替え

先日、ゆいさんがブログで上げていたクララ館の
サンパチェンスの植え替えが完了しました。
これからラベンダーの手前に可憐なお花が次々と咲き始めそう。
近づいてみると、ピンクで淡い色がとても可愛らしいです。
こちらはサンパチェンスを大きな花壇に植え替えをしているようす
土にくぼみをつくり、小さい鉢から取り出したサンパチェンスを
植栽スタッフが次々に移動していました。
これからクララ館に入口上にも置くので、入浴や宿泊に
いらっしゃったお客様をお出迎えしてくれます。
本日から3連休。お客様から「今日は渋滞があった」というお話を聞き、
久々の3連休で多くの方が出かけられているようです。
ハイジの村ではこの連休でバラの温室にてジェルキャンドル作りを開催中。
梅雨で雨の日が多いですが、室内なので天気を気にせず
オリジナルジェルキャンドルを作れます。
雨が降っても多くの方にお楽しみいただければと思います。
かえ