2018年11月10日

2018.11.10

ピンクダブルノックアウト(ロードトレイン発着所付近)

 

ゴールドバニー(ボルケーノテラス席付近)

2018年11月10日

平成最後の秋

 

今日のハイジの村の天気は快晴。

気持ちよく、とても過ごしやすいです。
そんなハイジの村では、まだまだ紅葉が楽しめます。
今日も赤、オレンジ、黄色といった色鮮やかな葉が
気持ちよさそうに風に揺れていました。
そして、その落ち葉でできた赤いじゅうたんを踏んで、
楽しそうにはしゃぐお子様たちを見かけ、
私も昔、落ち葉がシャカシャカと鳴る音と踏んだ感触を楽しみながら友達と下校したことを思い出し、懐かしくなりました。
また、紅葉だけでなく秋バラも楽しめます。
秋バラと紅葉を一緒に楽しめるのも、今の季節ならでは。
平成最後の秋を、ハイジの村で楽しんでみてはいかがでしょうか。
山田
2018年11月09日

開花状況
スカビオサ 教会前の花壇
ビオラ    スイスの花屋さん
2018年11月09日

あっという間に冬の訪れ

最近、朝布団から出るのがだんだんつらくなってきました。
その為か徐々に冬の訪れを感じることが多くなりました。
このたび21日よりハイジの村に異動になり、今までやってきたこととは違う業務内容になり
不慣れながらも日々挑戦しています。
通勤時間も長くなり普段なら見落としていた変化に気づくことがたくさんあります。
その中でも山の色の変化はとてもきれいだと感じています。
最近だと道路にたくさんの赤や黄色の色が入った落ち葉があります
こうやって変化しているのだと23年生きてきて改めて実感しました。
子供の頃はこのような変化にも気づくことができたのですが
大人になるにつれてこうした変化を気にもしないことがたくさんあります
ハイジの村でもたくさんの変化が確認できました
夏の間では緑生い茂っていた木も今では、すっかり赤くなり
落ち葉がその周辺にたくさん落ちています。
園内を散策しているとどんぐりや木の実がたくさん落ちており
大自然の成長を感じます。
子供の頃たくさん見て触れてきた自然なのですが、
久しく自然の変化に触れる機会が無く忘れていたことでした。
こうした変化を感じることができるのもハイジ村の魅力だと思います。
私も大自然の変化と同様にこのハイジの村で成長できたら良いと思います。
ハイジの村 田口
2018年11月08日

熱を帯びた瞳

立冬を越え、寒さの洗礼を
受けると、人肌が恋しくなるもので
柄でもないと見上げた空に
一瞬見えた横顔を、勘弁してよと
拭いつつ扉を潜ると
温かな花たちに迎えられました。
昨日のブログでも触れていましたが
スイスの花屋さん。少し追加の情報が
ありますのでご報告。11月10日から
クリスマスリース作り体験が
始まります。

魔をはねる強い生命力の緑と
豊かな収穫を感じさせる赤と
それを繋ぐリースには
それこそ、永遠の神の愛は
そこにあると教えてくれます。

また、クリスマスはキリスト教ですが
ユダヤ教でしたら光の祭典と
呼ばれる「ハヌカー」もあります。

ろうそくでは無いですが、
イルミネーションとして
美を司る光をご覧頂けるかと
思います。(只今準備中です。)

サンタクロースを真似てみて。
年に一度、大切な人へ共に
思い出を、言葉をというのは
どうでしょうか。
相手が一番欲しいものを
持っているあなたから。

クリスマスもハヌカーも
はたまた、儚い思いも大きな願いまで
すべて乗せ、ハイジの村へ
いらっしゃいませ。

そのトナカイ役でしたら
喜んで買わせて頂きます。

みのり